【海外記事】一般人だとFIREには46年必要?イギリスの記事から考察する実現可能性

資産形成

こんにちは、Lリーマン(@LDNYoko_L)です!

本記事では昨今世界中で話題になっているFIREについて、イギリスの英文記事をご紹介します。

日本でも多くの方が目指しているFIREですが、海外では一体どのような見方をしているのかを共有できれば幸いです。

FIREを達成すれば経済的自由を手に入れられる一方、FIREを目標にする上での課題についても触れていきます。

本記事は、以下のような方々にオススメです!
  • FIREに興味がある・資産形成に励まれている方
  • 海外でのFIRE事情に興味がある方
  • FIREする上での困難を知りたい方

FIREとは

過去記事でもFIREについて何度か触れてきましたが、FIREについて簡単に復習をしましょう!

FIREとは

「Financial Independence, Retire Early」の頭文字を取った略語であり、経済的独立と早期退職を目標とするムーブメントのことです。

FIREにも種類があり、主には以下3つがあります。
(各定義は参照元によって若干異なる場合がありますので、ご参考までにどうぞ)

FAT FIRE(ファット・ファイア):

多くの蓄えを持ち、経済的に余裕を持った状態でリタイアすること

LEAN FIRE(リーン・ファイア):

ファット・ファイアの逆で支出を最大限に減らし、切り詰めた状態でリタイアすること

BARISTA FIRE(バリスタ・ファイア)またはSIDE FIRE(サイド・ファイア):

家族との時間を保ちながら、パートタイムや在宅勤務等で生活費を補填する状態


FIREは支出を可能な限り削減し、転職や副業で収入アップで経済的独立と早期退職を実現するものですが、各自の状況に合わせて様々なタイプが出現してきました。

以下記事では、FIRE達成に欠かせない「4%ルール」や「生活費の25倍の資産」について記載しています。

僕たち3人の資産や家族状況も踏まえながら詳しく説明していますので、是非参考にしてみてください!

FIREの早期達成のために、海外移住は有効な手段となるかも検証しています。

「給料が高い国でお金を稼ぎ、生活費が安い国に居住」

海外駐在を数年経験すれば、計算上では10年も経たずにFIRE可能な方法もご紹介しています!

僕たち海外在住組の経験から導き出した「海外移住を利用したFIRE」に興味のある方は、是非以下リンクをご覧ください。

イギリスの記事から見えるFIREの現実

『”FIRE”を求めて – 実現可能か?』

今回海外でのFIRE事情を調べるために、こちらのサイトを参考にしました。

「Chasing “financial independence retire early” (FIRE): is it possible?」

見出しのタイトルはLリーマンが勝手に日本語訳したものになりますが、

FIREを目指す過程でしばしば議論を呼ぶ、「実現可能性」について触れられた記事です。

FIREを紹介する英語記事は検索すると沢山でてくるのですが、

こちらのサイトはFIREのメリット・デメリットについて現実的な目線で説明されており、非常に参考になるため参考にさせて頂きました。

記事全文を日本語に直すと量が膨大になるため、私が厳選した内容をピックアップしてご紹介します。

FIREの説明・定義

まず初めにどのように本記事でどのようにFIREが定義され、説明されているか確認します。

該当の記載がある部分だけ引用文章を抜き出し、太字部分を主に日本語要約で示しています。

※素人が意訳しておりますので、意味やニュアンスが若干異なる場合もあるかもしれませんが、
多めに見ていただければ幸いです。

The movement started in the 1990s and has built its support base in the decades since. There are a number of key bloggers and websites promoting FIRE, presenting it both as a personal financial strategy and also to promote a simpler way of living that reduces consumption and saves the planet.

An important part of the FIRE movement are the formulas that try to inform investors how much capital they might need to amass in order to provide sufficient income for the rest of their lives.

How did FIRE come about?
  • FIREの起源は1990年代にさかのぼり、FIREを目指すための多くのWebやBlogが存在
  • FIREの重要なポイントは、いかに資産を蓄積して投資に回せるかどうか
Lリーマン
Lリーマン

FIREの基本的な説明は日本で耳にするものと同じようですね!

One of the better-known formulas is “the 4% rule”, for example.

By assuming an average investment return of 7% per year and an inflation rate of 3%, this “rule” predicts that retirees should be able to withdraw 4% of their invested portfolio every year.

How did FIRE come about?
  • FIREで重要な要素として「4%ルール」は重要な計算式
  • 資産を年率7%で運用、インフレ率が3%と仮定すると、毎年4%の引き出しが可能
Dの名を持つもの
Dの名を持つもの

4%ルールの前提に「インフレ率」が加味されているね。
物価上昇が著しい海外ならではの視点かもしれないですね!

In a nutshell, FIRE requires that you cut your expenses to the bare minimum and channel every spare cent into growing your savings and investments.

1.Limit the outgoings. But what sort of expenses should get the chop?

It’s recommended you start with your high-interest debt: eliminate any and all of your credit card debt, personal loans and student debt. Low-cost debt, such as mortgage loans, are less of a priority as they eat less of your income.

Then you should look at your daily expenses and remove non-essentials. How draconian you want to be is down to you and your family.  Some more extreme adherents of FIRE advocate no eating out, losing the designer clothes and purses, and swapping gym memberships for outdoor exercise.

2.Maximise your sources of income

Reducing expenses helps maximise your savings, but so can other sources of income, such as a side-hustle. Is there a way in which you can generate more income? Extra freelancing? Taking on another project outside your regular job?

Financial independence, retire early: the basic plan
  • FIRE達成には、1セント単位までこだわり節約と投資を行うことが欠かせない
  • 支出削減は初めに借金返済から着手が好ましいが、住宅ローンなどの低金利のものは優先順位が低い。
  • 支出削減が資産形成に大きく貢献するが、複数の収入源を持つことも大切
ぽNた
ぽNた

徹底的な支出削減はFIREには欠かせない世界共通の重要な要素ですね!

いかがでしたでしょうか?

FIREの定義や実践方法については、日本で紹介されているものとほとんど同じであることが見て取れました。

このことから世界中で巻き起こっているFIREムーブメントに関して、バックグラウンドは異なるものの多くの人が共通した目標を持っていることが伺えます。

次の見出しからは、本記事の要であるFIREの実現可能性について言及された内容をご紹介します。

FIREに必要な金額の予想が困難

4%ルールや支出の切り詰めがFIRE達成には必要不可欠とのことでしたが、

本記事ではFIRE時の資産額を計算することが難しいと述べられていました。

それでは、その内容を原文と一緒に確認していきましょう。

Figuring how much money you’ll need to last an unknown period is no small task. FIRE followers promote saving at least 25 times your current annual expenses so that by the time you retire you can rely on the 4% rule.

However, as you’ll notice, there are a number of assumptions that must hold true for the 4% rule to work.

The first of these is that your portfolio needs to grow. The “4% rule” rests on an assumption that an invested portfolio will grow an average 7% per year.

Taking very long term views of historic market performance this assumption is feasible. However, there have been long periods where significant falls have reduced the average annual returns well below this number (and vice versa).

One of Schroders’ inescapable investment truths about the decade ahead is that returns are going to be lower over the next 10 years than they were over the last 10 years across both stock markets and government bonds. The effect is predicted to be especially pronounced with bond returns, as shown in this chart.

The biggest problem: calculating how much you’ll need to save to ensure you won’t run out
  • 4%ルールに基づくと生活費の25倍の残高が目安となるが、未知の期間に残高を維持するため、資産がいくら必要か見積もることは困難
  • 4%ルールは投資利回りが平均7%を前提にしており、超長期間で見た場合達成可能ではあるが、市場の暴落発生時の特定の期間では利回りを下回ることがある
  • Schroders社の調査では、今後10年の投資利回りは債券・株式ともに過去10年よりも下回る予想

4%ルールが今後も適用可能であるか、個々人によって異なるFIRE資金が具体定期にいくら必要かという点は、日本ではあまり議論されていない印象があります。

将来の利回りが予測できない点、それに伴い4%ルールの理屈が通らなくなると必要な資産は当然増えてくることが予想されますね。

平均的なイギリス人がFIREを目指したら?

本記事では、年収や支出が平均的な28歳の人がFIREを目指した場合に、いつ達成できるかという試算を示しています。

実際のイギリスの平均的な収支データに基づいた事例について見ていきましょう。

The following average wages and expenditures are drawn from the Office of National Statistics, the UK’s official data gatherer. Let’s call our case study Janet, and say she’s 28 years old.

Annual salary: £27,468
Annual expenses: £25,595
Maximum saving: £1,873


Based on today’s numbers, Janet will need to save a pot worth £639,875 in order for a 4% annual withdrawal to equal her spending today of £25,595 a year.

So she will need to increase her savings significantly. At the moment, she’s saving just £1,873 per year – or £156 per month. Assuming this earns 7% compound, it will take her between 47 and 48 years to reach the target £639,875 – which would mean she’d be in her late 70s.

These calculations show just how hard the challenge is.

Working with real numbers: a UK saver goes all out for FIRE
FIRE試算の前提
  • Janetさん 女性 28歳
  • 年間収入:£27,468
  • 年間支出:£25,595
  • 年間貯蓄:£1,873
  • Janetさんは現状の生活費を前提とした場合、FIRE必要資金£639,875が必要
  • 現在の収支と4%ルールを前提とすると、FIREには47,48年が必要、その時彼女は70歳後半
  • この計算から、平均的な収入・支出を持つ人がFIRE達成がいかに困難か伺える

日本とは異なるデータを用いた資産ですが、平均的な収入や支出を行う人がFIRE達成するには、以下に時間が掛かるということが強調されています。

社会保障や年金制度は異なりますが、日本での平均的な収入や支出をもとに試算すると類似した結果が得られるのではないでしょうか。

それでは、Janetさんが積極的に節約に取り組み50%を貯蓄した場合にどうなるか、後続の説明を見ていきましょう。

Let’s say Janet can arrange her life and outgoings so as to save dramatically more than the average. If she can save 50% of her wage – that’s £12,798 per year or £1,066 per month – the calculations suddenly look more compelling. She would reach the target sum after 22 years, meaning she’d be free to “retire” – under the formula of the 4% rule – at around age 50.

In reality of course there are many variables. Janet’s wages are likely to rise over time, but she may also face periods when she earns less or nothing. Her savings may benefit, too, from windfall inheritances or other bonuses.

Exactly how long her pot will last is down to the future performance of markets.
According to the 4% rule – which is based on historic market returns, and is therefore not a guarantee – she can hope for 30 years’ income. That would take her to age 73. Her invested pot may run out before that date if, for example, very severe market collapses wipe out its value. Conversely it may support income payments for far longer.

  • 収入の半分を貯蓄した場合、FIREまで22年と早期達成が可能であり、その時彼女は50歳代
  • 実際には多くの不確定要素があり、上記の年齢で達成できるかは定かではない
  • 積み上げた資産がどれほど継続するかは今後の運用パフォーマンス次第であり、金融市場が暴落した場合には資産が不足する可能性もある

支出を切り詰めて貯蓄額を増やすことで先程と比較して、20年ほど早くFIREを達成しています。

一方で、投資から得られる収入は不確実な点が述べられています。

理論と現実

The calculation shows how investment formulas are great in theory – but we know real life works out differently.

Things start to fall apart when you’re faced with unexpected expenses, for example. What happens if you’re suddenly responsible for another dependent – a child, or parent? Or if you lose your job or become incapacitated?

Neil Walton, Head of Investment Solutions says: “We know the concept of FIRE has spurred some to consider downsizing, retiring, investing and changing their lives. But even for those who don’t intend to do anything so radical, FIRE provides a useful blueprint for planning. Good investment will sit on a good financial plan, and that’s inevitably about building investments over time to provide an income in the future.”

FIRE: theory and reality
  • 4%ルール等の計算で必要な資金の理論上の計算は可能だが、実際にそうなるとは限らない
  • 想定外のイベント(出産や失業等)で収支は大きく変わってしまう
  • FIREを目指すかどうかに関わらず、その概念を知っておくことは、生活費の見直しや退職、投資等、今後のライフプランを考える良い機会になる

まとめ

それでは改めて本記事の内容をおさらいしていきましょう!

記事のまとめ
  • 海外でのFIREの定義は日本とあまり変わらない
    ・徹底的な支出削減と資産を投資に回すことが重要
    ・4%ルールや生活費の25倍が必要
  • FIREに必要な金額の予測が困難
    ・投資の利回りが低下傾向であり、4%ルールが今後も適用可能か予測不可
    ・今後の債券・株式の投資利回りは過去よりも低くなる調査もあり
  • イギリス一般人がFIRE達成するには相当な時間が必要
    ・一般的な28歳イギリス人女性がFIREを目指すと達成に46,47年必要
    ・貯蓄額を収入の半分に増やすと20数年で達成可能
  • FIREには不確定要素が多いが、ライフプランを考える上で役立つ概念
    ・必要な資産を形成しても相場次第で、資金が不足するおそれ
    ・FIREはライフプランを考える良い機会になる

さて、FIREには46年必要?!イギリスの記事から考察する実現可能性はいかがでしたでしょうか。

FIREを達成して自由を手に入れるメリットがフォーカスされがちですが、今回はFIREを目指す上での困難さや実現可能性について取り上げてみました。

記事内でも言及がありましたが、FIREを目指すことで収支や自身のライフプランについて考える良いきっかけになると考えています。

本記事がFIREを目指している方や資産形成中の方に役立てば幸いです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

初めて「ロンドン洋行三人ものがたり」を読んでくださった方へ


ロンドンで出会った20代駐在員3人組が資産形成・キャリア形成に奔走する当ブログ。





「海外」×「若手」×「資産形成」という軸で情報発信しています!





当ブログが10倍楽しくなるブログコンセプトページを是非読んでください!


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました