【Lの家計簿/2022年8月】交際費23万円 、いつからこんな浪費家になったのか。

Lの家計簿

こんにちは、Lリーマン(@LDNYoko_L)です。

今月はタイトルにある通り、支出が大幅に増えてしまったことに加えて、なんと1カ月で交際費を23万円も使ってしまいました。

貯蓄率もなんと駐在開始から2回目のマイナスとなってしまいました。

インフレだけでは説明できない大幅な支出増、今月の家計簿を振り返りながら来月以降にどうしていくべきか皆さんと振り返っていきます。

本記事は、以下のような方々にオススメです!
  • 資産形成に興味がある方
  • 海外駐在員の資産管理を知りたい方
  • Lリーマンのファンで私の資産の詳細について知りたい人

家計簿全体(2022/08)

実際のExcel家計簿は上表の支出/収入に加えて資産/負債の欄もありますが、家計簿記事では支出/収入に焦点を当てて解説していきます。

資産や投資実績については、こちらの記事(【大注目】20代海外駐在員3人組の2022年1回目の資産公開!)のように、3カ月毎に家計簿とは別で公開しております。

家計簿項目別振り返り

収入

Point
収入欄の特徴
  • 収入は給料だけではなく、銀行利息や楽天ポイント等のあらゆる入金を集計
  • イギリス駐在中のため、英国ポンド(£)と日本円(円)を分けて記載
  • 今月のポンド換算レートは162円を利用、毎月相場に応じたレートを利用
2022年8月の振り返り
  • 新年度(2022/04)から毎月の基本給がアップしました
    (日本円:1万円 / 英ポンド:£300増加)
  • 仮想通貨のステーキング利率低下と預入金額減少に伴い、その他収入(£)が減少

貸仮想通貨は運用金額を減少へ

僕たちが愛用しているCrypto.comのステーキングサービスが更に改悪されてしまい、
以前年率12%あった利率が年3%に低下してしまいました。

現在の運用金額は下記画像の通り、ステーブルコインUSDT/TGBPあわせて約2,500ポンド程度となっています。

利率はUSDTが6.5%、TGBPが3%となっており、外貨定期預金と捉えると魅力的な水準であると言えるのではないでしょうか。

余談ですがTotal Earnings(All time)を見ると、これまでに約3000ポンドをステーキングのみで稼いだようでして、ステーブルコインのステーキングの威力を思い知らされました。

尚、過去のステーブルコイン報酬は以下の通りです。

  • 2021年3月 ・・・ £26.64
  • 2021年4月 ・・・ £36.56
  • 2021年5月 ・・・ £68.17
  • 2021年6月 ・・・ £140.08
  • 2021年7月 ・・・ £229.17
  • 2021年8月 ・・・ £356.74
  • 2021年9月 ・・・ £456.34
  • 2021年10月 ・・・ £563.12
  • 2021年11月 ・・・ £443.41
  • 2021年12月 ・・・ £244.02
  • 2022年4月 ・・・ £47.67
  • 2022年5月 ・・・ £47.67
  • 2022年6月 ・・・ £47.67
  • 2022年7月 ・・・ £12.32
  • 2022年8月 ・・・ £6.42

ステーブルコインの貸仮想通貨(ステーキング)に興味のある方は、以下記事をご確認ください。


詳細についてはアップデートがあり次第、上記記事で触れていきたいと思います。

支出

Point
支出欄の特徴
  • 固定費と変動費を分け、それぞれに支出費目を記載
  • 各費目に予算/実績/差異欄を設置、予算オーバー時はハイライトすることで可視化ができるように設計
  • 収入欄同様、ポンドと日本円の両通貨を分けて記載
  • 毎月ポンド円のレートを見直して記載(2022年より)

固定費

インターネット・携帯
  • 携帯プラン(£15)を継続して利用しています。
  • 銀行カードから直接引き落としで10%値引きの恩恵を受けており、実際の支払額は£13.5です。
通勤費
  • 2022年7月も在宅勤務とオフィス勤務を継続中です。
  • 定期券を購入していないので、通勤費を交通費に計上しています。
医療保険
  • がん保険、七大生活習慣病をカバーした掛け捨て医療保険に加入中。
  • 毎月この金額の出費は大きいですが、お守りとして継続する予定です。
外貨建終身保険
  • USD建外貨終身保険に加入しており、円安傾向のため毎月約37,000円に大幅アップ。
  • 途中解約の予定はなく、運用利回りが高くなる50代以降に必要に応じて解約予定。
  • 円安傾向で既払込分のドル資産は円換算で増えていますが、今後どうなるか注目していきたいところです。

変動費

食費
  • 先月に引き続き食費が予算をオーバーしてしまいました。
  • 以前からお伝えしている通り、インフレの影響と仮想通貨で賄えていた食費の金額が減少してしまったことが主な原因です。
  • とは言っても、実際はもう少し食費が発生していますが、一部食料品を仮想通貨(CRO)で購入しています。

例えば、£10利用できるスーパーマーケットのギフト券を仮想通貨(CRO)で購入することができるので、実質仮想通貨でスーパーマーケットで買い物をしています。

£10分の仮想通貨(CRO) ⇒ スーパーマーケットのギフト券(£10) ⇒ £10分の食料品

アマゾンギフト券や、Uberギフト券も購入が可能で、更にキャッシュバック特典も付いてくるので、今後もお得に利用していきたいと思います!


大変お得な仮想通貨サービス(Crypto.com)の詳細については、下記記事をご覧ください。

光熱費
  • 光熱費は£89.13でした
交通費
  • 今回は£90、毎月この金額位で落ち着くようになってきました。
  • ロンドン地下鉄の1カ月定期券は、私の利用する範囲を購入すると£173.60ですので、定期券は買わない方が安く済みそうです。
交際費
  • 交際費は£1,456.60と3カ月連続大幅な支出増となっています。
  • 先月もお伝えしましたがロンドンでの外食はお酒を飲むと円換算で1万円を超えてくることが当たり前になりました。
  • 若手駐在員として当初はロンドンに来たものの、最近は”先輩”という立場で飲み会に参加する機会が増えており、少し多めに支払うケースが増えてきたため支出が増えたと考えています。
  • とは言っても1カ月で23万円の交際費は多すぎると思っていますので、来月は意識的に飲み会の機会を選別して参加するようにしたいと思います。
日用品費
  • キッチン用品を購入しました。
旅行費
  • 国内旅行に1回行きました、旅行のベストシーズンですが空港/飛行機のトラブルが多いため頻度を減らしています。
自己研鑽
  • オンライン英会話を申し込み、継続して学習しています。
Uber
  • Uberを2回利用、8月は地下鉄/バスのストライキが頻発、仕方なく利用してしまいました。
雑費
  • 日本の実家で親が必要なものを購入しました。

投資

  • イギリス証券口座Vangardで以下証券を積立投資中です。

    VUSA (S&P500のインデックス)   … £1000
  • 2022年はS&P500への積立投資一択を実施予定です。
  • 2022年4月から給料増加分を毎月の積立額に反映させることを検討していましたが、給料増加分がそれ程多くないため、当面は毎月£1000の投資を継続していきます。

貯蓄

  • 円は日本の銀行預金に貯蓄(証券口座が開設できず運用できないため)
  • 投資以外のポンドは定期預金で運用中(年率:1.50%以上)、世界中の金利引き上げに伴い、今後の預金金利の上昇に期待です。
  • 仮想通貨ステーブルコイン(TGBP)の運用は利率低下に伴い今後減らしていきます。

まとめ

今回の貯蓄率は-9%となり、2022年3月に次ぐ2回目の貯蓄率マイナスとなってしまいました。

駐在中に資産3000万円を目標にコツコツ資産形成を頑張りながらも、貴重なロンドンの滞在を楽しみながら資産形成に励んでいきたいと思います!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!

初めて「ロンドン洋行三人ものがたり」を読んでくださった方へ

ロンドンで出会った20代駐在員3人組が資産形成・キャリア形成に奔走する当ブログ。



「海外」×「若手」×「資産形成」という軸で情報発信しています!



当ブログが10倍楽しくなるブログコンセプトページを是非読んでください!


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました