「子育てのお金」いくらかかる?~15歳まで1900万円問題~

資産形成

こんにちは、ぽNた(@LDNYoko_N)です!

ロンドン駐在中に出会った三人組が、資産形成に奮闘する当ブログでは様々な「若手×海外×資産形成」のコンセプトの下、資産形成やキャリア形成、その他海外生活でのあれこれをお届けしています。

突然ですが、人の生活費やその他の出費気になりませんか?

Dの名を持つもの
Dの名を持つもの

気になる!僕たち自身も家計簿で生活費を発信しているけど、他人の生活費水準もチェックしているよ!

Lリーマン
Lリーマン

実際、参考にするのは自分と似たような方々の生活費かな、あとは少し未来の自分と重ね合わせた支出・収入水準等も気にしているよ!

ぽNた
ぽNた

生活費水準について、人によってさまざまな支出水準があるから参考になるものもあれば、参考にならない極端な支出例もたまに出るよね!一般的な生活費水準は何を参照すればいいのだろう。。。!

そもそも、人生のライフイベントでどのくらいのコストがかかるのかについて調べた記事はこちら!

日々の生活の支出内訳についてのを調査はこちら!

ぽNた
ぽNた

一般的な生活費の水準は分かったけど、それぞれの項目で気になる項目が少しあったな。

例えば、「子育て費用」の項目についてはどのような内訳になっているのだろう。
今は独身だけど、将来的には結婚して子供が欲しいと思っているから、支出目安については知りたいかも!

ということで、今回は20代30代の皆さんなら特に興味があるであろう、子育て費用(養育費)について詳しく調べてみました!

子育て費用(養育費)とは

そもそも養育費用にはどのようなものが含まれるのでしょうか?

法務省が定義を示しています。

養育費とは,子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には,子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し,衣食住に必要な経費,教育費,医療費などがこれに当たります。

法務省:https://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00016.html#:~:text=%E9%A4%8A%E8%82%B2%E8%B2%BB%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%8C%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82,%E5%8F%97%E3%81%91%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

本題に入る前に、これら費用の具体例についてまずは、一覧化してみました!(参照:内閣府調査)

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
ぽNた
ぽNた

多すぎるなあ。。。

ある程度、どの項目にどれぐらいお金が、いつかかるのか、どう備えればいいのか知りたいな!そうすれば、いつまでに、いくらお金必要かの貯蓄目安を立てられるかも!!

子ども養育費について

今回の記事では、子どもの誕生から中学卒業(15歳まで)の「衣食住に必要な経費」「教育費」「医療費」「その他」の費用の詳細を見ていくこととしましょう。

主なデータは内閣府調査「少子化社会対策に関する調査等」から参照したいと思います!(https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/index.html)

子どもの衣食住費・食費・生活用品費

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
衣食住費・食費・生活用品費まとめ
  • 「衣類・服飾雑貨費」は、0歳が最も多く、その後もあまり変化なく推移する。
  • 「食費」は、年齢が増すにつれて食事量が増えることに伴って増加する。
  • 「生活用品費」は、0歳~2歳時におむつ、子供用おもちゃ等に伴う出費が多く,3歳以降はあまり変化なく推移する。
Dの名を持つもの
Dの名を持つもの

食費の変化は分かりやすいね!また、新生児~乳幼児での特別な出費が多いみたいだね!

子どもの医療費・保育費

医療費、保育費の項目について特に共働き世帯であれば避けられない出費です。どの程度費用が掛かるのでしょうか。

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
医療・保育費まとめ
  • 「医療費」は、未就学児の間ほぼ変わらず1万円台。小学校入学から傷病が増え、やや増加する。
  • 「保育費」は、0~4歳児まで毎年5万円程度増加し続け、その後卒園までほぼ変化なし。当然ながら就学後は支出は減るが、中には学童保育費用が掛かる世帯もあり、小学校卒業まで支出あり。
Lリーマン
Lリーマン

医療費についてはもっと変化があるのかと思ったけど、意外だね!

子どもの学校教育費・学校外教育費/活動費

皆さんが「子育て費」・「養育費」と聞くと真っ先に思い浮かぶ項目はこちらではないでしょうか?ぽNたの想像では一番大きな支出項目です。

学校教育の他、学校外での教育費・活動費(塾やスポーツなど習い事にかかる費用)についても、どれぐらい費用が掛かるのか見てみましょう!

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
教育費まとめ
  • 「学校教育費」は、小学校の間、中学校の間でそれぞれの年間支出はほぼ一定ですが、両者には2~3倍の開きがみられます。
  • 「学校外教育費」は、主に塾や通信教育、教材購入にかかる費用ですが、年齢増加とともに支出は増え続け、高校受験期=中学3年生における支出はそれまでの支出水準のほぼ倍となっています。
  • 「学校外活動費」については、小学校高学年まで増加傾向にあり、中学校以降は部活等に吸収されるのかあまり費用は増えておりません。

小学校・中学校には公立・私立の区分があり、また高校以降の費用についても気になる方のために

文科省による学校教育費のまとめを参照してみましょう!

文部科学省 平成30年度子供の学習費調査
(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html)

上記表に加えて、「大学の学費」として公立はおおむね約~50万、私立については約100万~が基本となります。

※大学は入学初年度には入学金が必要となります。(参考:旺文社 教育情報センター
※入る学部によっても学費が大きく異なります。(例:私立医学部は入学初年度に1,000万円かかる)

ぽNた
ぽNた

教育費については、子ども良い教育を受けさせようという親心も相まってか、大きな支出項目になっているみたいだね!

子どもの養育にかかるその他の費用

子ども養育費にかかる費用のその他の項目としては、レジャー費・旅行費、おこづかい、子どものための預貯金、子ども携帯電話料金等が挙げられます。それぞれの費用についても見てみましょう。

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
その他の費用まとめ
  • 「子ども携帯電話料金」は、費用の傾向を見ると中学校入学から携帯電話を保有する割合が多いのではと想像できます。平成21年度の調査ともありやや古い情報なのか思ったほど支出がありません。現代においてはもっと大きな支出項目となっているものと思料します。
  • 「おこづかい」は、年齢増加とともに少しずつ増える傾向にあるようです。
  • 「お祝い行事関連費」は、0歳時、小学校入学時、中学校入学時に特に増加するようです。
  • 「子どものための預貯金・保険」は、0歳児=中学校卒業まで一貫して高額な費用が常に出続けます。
  • 「レジャー・旅行費」についても。年齢にかかわらず一定の支出が一貫して継続する傾向にあるようです。 
Dの名を持つもの
Dの名を持つもの

子どもの為の預貯金・保険の年間費用が意外に多くてびっくりしたよ!

子どもの養育費まとめ

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集
まとめ:就学前は「保育費」負担が大。小学生で大幅増減はないが、中学生では「教育費」が増大
  • 1歳以上の未就学児は「保育費」の支出が目立ち、3歳で年間 20 万円超、4~6歳は年間 30 万円超。「保育費」の負担増が子育て費用総額の増加につながっている。
  • 小学生になると「学校教育費」がかかるようになるが、未就学児の「保育費」に比べると支出額は少ない。
  • 一方、中学生は小学生に比べて「学校教育費」が高額になり、中学1年生で年間約 33 万円、同2・3年生は年間約 25 万円。「学校外教育費」も1学年ごとに多くなり、中学3年生では年間約 36 万円となる。
  • 「子どものための預貯金・保険」については、どの年齢・学年においても一定の額を支出している。

まとめ詳細版のグラフとチャートはこちら。ご参考まで!

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集

内閣府 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査参照:ぽNた@洋行三人ものがたりによる編集

どう備えるか

子ども養育費が詳細になりましたね!

0歳~15歳までの子育て費の合計金額はおよそ1,900万円となりました!

次回の記事では、これらの養育費に備えてどのようにお金を用意していくべきかについて書いていきたいと思います。

今後のライフイベントを想像する中で様々な費用に関するのイメージが沸かず、どのようにお金を用意していくべきか迷っている人にとって、「こんな情報が欲しかった」と思ってもらえるように、各所で調べたデータをまとめて提供させていただきました。

詳細なコストは、それぞれのライフスタイルや個別の事情により変わってきますので、あくまで一例として参考いただければと思います。

皆さんのコメントや意見も聞きたいので、ツイッター等で感想を教えてください!

以上、ぽNたでした~!

初めて「ロンドン洋行三人ものがたり」を読んでくださった方へ

ロンドンで出会った20代駐在員3人組が資産形成・キャリア形成に奔走する当ブログ。



「海外」×「若手」×「資産形成」という軸で情報発信しています!



当ブログが10倍楽しくなるブログコンセプトページを是非読んでください!


僕たちはブログランキングに参加中です!
↓↓  応援クリック頂けると、とっても嬉しいです  ↓↓
    にほんブログ村 海外生活ブログへ   

この記事を書いた人
ぽNた

20代後半、日系企業に勤めるサラリーマン、ロンドン駐在から2020年に帰国。日本国内で海外キャリアを活かしながら勤務中。旅行と運動が大好きな独身男性です。投資歴はもうすぐで約1年!好きな人と一緒に暮らすことを夢見てます。。。!

ぽNたをフォローする
資産形成

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました